データアーカイブソリューション

放送/通信/エンタテイメント

放送業界は今、フルデジタル化・ファイル化の波に曝されています。

フルデジタル化、部分的なファイル化自体は、さほど難しいことではありません。しかし、システム全体としてフルデジタル・フルファイル化を実現すること、そして出来上がった膨大な映像を効率よくアーカイブ化することこそ、真の難題だと気づかれているとすれば、的確な視点をお持ちであると言えます。

通信業界に押し寄せるフルデジタル・ファイル化の波は、これまで使っていた馴染みあるビデオテープをSSDやIPビデオに置き換え、ネットワークに対して定常的に高トラフィックを掛けることとなります。そして、いかに安定して映像のやり取りを行うかという事は、映像業界発展のための大きな試金石となっています。

日本SGIは、HPC・スーパーコンピュータというハイパフォーマンス分野でのパイオニアとして、これらの多角的なサービスのご提供をお約束します。

新しい価値を作ること

現在、デジタルビデオ・IPビデオ業界では、放送局がコアとなるIPビデオシステム・ デジタルアーカイブスの構築が盛んに行われています。

この新しい技術に価値基盤を作ることは、業界発展のための重要なファクターです。 映像は簡単にデジタル化して、ノンリニア編集に回せます。カメラメーカーの努力もあり、 既に大部分でファイル化環境も整っています。編集後の映像も、簡単にエンコードして IPビデオ化できるのです。 映像配信後の課金も、比較的簡単になりました。 しかし、それぞれをバラバラに行って、果たして「柔軟な対応」が可能なのでしょうか。

この「柔軟性」こそが、収録から配信までの真の「フルデジタル」「ファイル化」を 実現するために必要な、ワークフローの最大の訴求点なのです。

IPビデオに代表されるファイル化映像制作は、「柔軟」な形態こそが利用者へ最大級の メリットをもたらし、その価値を発揮できるのです。

例えば地上デジタル放送、モバイルワンセグ、PC-IPビデオ、ポッドキャスティングなど、 それぞれで運用方法が全く違うにも関わらず多様な配信と綿密なデータ収集を行わなければ、 時代という大きな波はすぐに過ぎ去ってしまうのです。

日本SGIには、HPC・スーパーコンピュータで培った高速大容量ストレージによる データハンドリングのテクノロジがあります。 よく利用するファイルを高速アクセス域に配置換えし、あまり利用されないファイルは 大容量域に配置するといったインテリジェントなストレージ・アーキテクチャは、 このHPCテクノロジによるものです。

このようなノウハウは現在、多くのキー局に導入している日本SGIのシステムによって実証され、 初めてそこに「柔軟性」を持つ新しい価値が生まれているのです。

放送・通信・エンタテインメントの真の融合を目指して

私たち日本SGIが真に取り組んでいるのは、コンテンツを中心とした、放送・通信・エンタテインメントの融合です。

通信が他者を取り込むのではありません。またエンタテインメントがすべてに置き換わるものでもありません。 コンテンツが通信放送手段を選び、コンテンツがエンタテインメントや学術資料となって、 万世に渡って受け継がれていくことを日本SGIは展望しています。

その上で日本SGIは、様々な方向に広がるデジタル・ワークフローの問題点とその解決方法を探った結果、 われわれが構築支援を行った一大映像アーカイブ事業の成功と言う形で実証された技術力はもちろん、 そのインテグレーション力によって驚くべき融合を果たしています。

 

総合コンピューティング企業だからこそ可能な技術があります

日本SGIは、HPC、3次元CGなど数多くの異なる分野で常に皆様から評価を頂いている、信頼のマルチベンダです。

一つの分野を突き詰めることは、一本の大きな木の幹を作り、やがて枝や葉が茂り大いなる実りをもたらします。 同様に、弱そうに見える弦は5本10本と束になり、1本1本それぞれが木の幹のように太く逞しくなります。 マルチベンダとしての強みは、この1本1本の弦にあるのかもしれません。

映像コンテンツを理解している、つまり放送業界の橋渡しができる…、それが日本SGIの強みになっています。

Go To Top