HPC スケールアップシステム SGI® UV™

SGI® UV™シリーズのご紹介

SGI® UV™シリーズ

SGI® UV™ 概要

  • 大規模で複雑な課題を解決
  • ビッグデータ分析を加速し、大きな洞察を獲得
  • 生産性向上、複雑さ回避、オーバーヘッド削減

SGIは21年間かけてインメモリーコンピューティングに関する高い技術を積み上げてきました。SGI UVはキャッシュコヒーレントな共有メモリーを搭載し、計算集約型アプリケーションとデータ集約型アプリケーションの両方に対応したSMP(symmetric multiprocessing)システムです。インテル®のプロセッサーとLinuxをベースにしたサーバ製品で、SGI NUMAlink®インターコネクト技術を実装、シンプルなシングルシステムにおいて優れたスケールアップ性能を提供します。HPCクラスターシステムで実行するのが困難なワークロードに対し、要件にあわせて拡張できるシングルノードならではの使い易さと性能向上をもたらします。MPI Offload Engineを備えたSGI UVは、分散コンピューティング向けに開発されたアプリケーションに活用でき、クラスター化されたHPCシステムの「スーパーノード」としても利用できます。シンプルな運用のもとで、複数のワークロードの並列処理が可能です。複雑さを排除し、短い時間で、より多くのことを実行できるのがSGI UVシステムです。

製品情報

計算集約型アプリケーション

SGI UV 3000 & SGI UV 30

新しいSGI UV 3000とSGI UV 30は、CAE、 ゲノムアセンブリ、科学シミュレーション など、計算集約型で高速なアルゴリズムの ワークロード向けに設計されています。 インテル® Xeon® E5-4600 v3プロセッサーと極めて高い拡張性 を備えたNUMAlinkトポロジーを実装し、 プロセッサー対メモリー比に優れたシステムです。

SGI UV 3000は4~256 CPUソケットまで拡張可能で、シングルシステムで最大64TBの共有メモリーが搭載できます。SGI UV 30は、最大3TBのインメモリーコンピューティングを実現する2Uサイズ、4ソケットのサーバで、より小規模な環境向けに設計されています。SGI UV 3000の従来機種であるSGI UV 2000を利用中のお客様は、既存システムを引き続き拡張いただくことが可能です。

データ集約型アプリケーション

SGI UV 300 & SGI UV 30EX

新たに拡張されたSGI UV 300とSGI UV 30EXは、データアナリティクス、ビジュア ライゼーション、リアルタイムストリーミング など、データ集約型でI/O負荷の大きいワーク ロード向けに設計されています。インテル® Xeon® E7-8800 v3プロセッサーと極めて低い レイテンシーのNUMAlinkトポロジーを実装し、 メモリー対プロセッサー比に優れたシステム です。

SGI UV 300は4~64ソケットの拡張性を備え、シングルシステムで最大64TBの共有メモリーが搭載できます。SGI UV 30EXは、最大6TBのインメモリーコンピューティングを実現する5Uサイズ、4ソケットの小規模環境向けサーバです。SGI UV 300Hは、SGI UV 300をベースにSAP HANA環境専用に設計された製品です。SGI UV 300RLは、SGI UV 300をベースにOracleデータベース・インメモリー環境専用に設計された製品です。

Go To Top