情報セキュリティ基本方針

お客様、お取引先から入手もしくはお預かりした情報を適切に管理することは、法令や契約上の義務を果たすためのみならず、お客様・お取引先との信頼関係を構築し、社会的信用を得るために不可欠です。日本SGIは、お客様やお取引先からお預かりした情報資産や当社の情報資産を情報セキュリティの脅威 から守るための対策を講じることは、重要な経営課題の一つであると認識し、以下の通り、情報セキュリティ基本方針を定めております。

また、これを実現するための情報セキュリティ管理体制、情報セキュリティマネジメントシステム(情報セキュリティの維持・向上のための施策の立案、運用、見直しおよび改善)の確立、ならびに情報セキュリティインフラの整備を行うことにより、その実践を図ってまいります。

情報セキュリティ基本方針


制定日2010年10月12日

  • 当社は、情報セキュリティ管理体制を確立し、情報資産の適切な管理に努めます。
  • 当社は、本基本方針に従い社内規程を整備・実施します。
  • 当社は、情報セキュリティの確保に必要な教育を継続的に行います。
  • 当社は、適切な人的・組織的・技術的施策を講じ、情報資産に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失・盗難、破壊、利用妨害などが発生しないよう努めます。
  • 当社は、万一情報資産にセキュリティ上の問題が発生した場合には、その原因を迅速に究明し、その被害を最小限に止めるとともに再発防止に努めます。
  • 当社は、情報セキュリティに関係する法令、国が定める指針、その他の社会的規範を遵守します。
  • 当社は、以上の活動を継続的に見直し、改善に努めます。

Go To Top