事業紹介

「人」がつくる技術。「人」がつなぐ絆。

1980年代のハリウッド映画にCG革命をもたらした米国シリコングラフィックス社。そのビジュアライゼーション(可視化)の波は、研究・文化・製造など様々な分野に影響を及ぼしました。

そして今、そのDNAを受け継ぐ日本SGIは、「HPC」「可視化」「メディア&アーカイブ」の領域において、研究機関や大学、製造、放送などの多様な業界でお客様の研究開発とビジネスを強力にサポートしています。

日本SGIの強みは、長年にわたってHPCとビジュアライゼーションに取り組んできたことによって培われた高度な技術力と豊富なノウハウ。そしてこれらを統合した付加価値の高いサービスです。

だからこそ日本SGIのコアコンピタンスは、まず「人」。一人ひとりの社員です。100人を超えるグラフィックスエンジニア、流体解析や宇宙物理、レンダリングなどの専門知識を持ったエンジニアをはじめ、博士号を持っている社員も少なくありません。

各分野の専門知識を備えたスタッフが、お客様固有のニーズを細かく汲み取り、それぞれの課題を解決するのに最適なシステムとサービスが提供できること。それが私たち日本SGIの根源的な強みとなっているのです。

「人」が技術をつくり、技術を育てる。その技術とサービスによって、お客様との絆を深めてまいります。

Go To Top